横浜市 瀬谷区(南町田駅)の歯医者、みやさか歯科|診療のご案内

診療のご案内

HOME > 診療のご案内

一般歯科

むし歯治療

むし歯治療

みやさか歯科では、患者さん本位の治療を心がけております。
はじめに口腔内をしっかりと検査し、患者さんと十分に話し合いながら治療計画を立てます。その後、病的な歯質の除去、詰め物・かぶせ物などの治療を行います。目立ちにくい白い詰め物・かぶせ物の治療にも対応しております。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

また、痛みを十分コントロールしながら、なるべく歯を削らない、抜かない、「接着歯学」を応用した保存療法を行っております。

接着歯学とは?

レジン系接着材による接着技法を生かす治療法です。
接着材が歯の中へ浸透し固まることで、強固に接着するだけではなく浸透して生成したレジンの層(樹脂含浸層)が外部からの刺激や二次的なむし歯を防ぐことができます。健康な歯を守り、歯の寿命を延ばす治療法と言えます。

接着歯学を応用すると歯の寿命を延ばすことができます!

歯周病治療

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。歯周病になると歯がぐらつき、歯茎から膿が出てきます。そのうちぐらついた歯は抜け落ちてしまいます。歯周病は早期発見と予防が重要です。

歯周病初期治療

歯周病治療では最初に歯茎の歯垢や歯石を取っていくスケーリングという治療を行います。この治療で歯周病の進行を抑えることが出来ます。次の段階としてルート・プレーニングというスケーリングだけでは除去し切れない歯垢や歯石を、特殊な器具を使用して除去し、再び歯垢や歯石が付着しづらいように歯の表面をツルツルにする治療を行います。このスケーリングとルート・プレーニングを行うことで、歯茎の炎症を抑え、初期症状であれば完治も可能です。

初期治療でポケットが小さくならなかったり、炎症が治まらない場合は、外科的な治療が必要になります。歯周病が気になる場合はお早めにご相談ください。

予防こそ最大の治療です!

予防こそ最大の治療です!

単に具合が悪いところを治療するだけでなく、正しいブラッシングの仕方やストレス・病気・睡眠不足など生活習慣を見直し、予防することが最大のむし歯・歯周病治療だと考えております。また、治療が終わった後も再発防止のためのメインテナンスが大切です。2~3ヶ月に1度は定期健診を受けましょう。みやさか歯科では健康相談も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

小児歯科

お子さんの歯の治療

お子さんの歯の治療

お子さんのむし歯をそのままにしておくと、味覚や顎の成長に悪影響を及ぼすことがあります。小児歯科ではお子さんのむし歯治療をはじめ、むし歯予防、歯並びの治療などを行います。
また、治療だけでなく、保護者の方と共にお子さんのお口の健康を守るため、ご家庭でのブラッシング方法をはじめ、さまざまな健康管理のお手伝いをさせていただきます。
治療の際にはまず、歯科治療に恐怖心や不安感を感じるお子さんの気持ちを理解し、その恐怖心を取り除きリラックスして治療が受けられるように配慮することからスタートします。

審美歯科

保険診療と自由診療

保険診療では、保険で決められた材料を使用するため、耐久性や適合性が低く、二次的なむし歯の危険性が残ってしまいます。自由診療では耐久性に優れ、適合性も高く、長期的に使用頂ける材料での治療が可能になりますがその分、費用が保険診療より高くなってします。当院では再治療で患者さんのご負担が増えることがないように、十分に話し合った上でその方に最適な材料での治療をご提案させて頂きます。

補綴(白い詰め物・かぶせ物)

補綴(白い詰め物・かぶせ物)

補綴とは、むし歯等の治療で歯を削った際に充填する詰め物やかぶせ物のことです。補綴には保険が効くものと、 自由診療になるものがあります。見た目の色や適合性など、様々な違いがありますので、費用など不安に思われる方はお気軽にご相談ください。

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)には大きく分けると、「部分床義歯」と「総義歯」があります。部分床義歯とは残っている歯にバネをかけて歯と粘膜で維持するものです。総義歯は、すべての歯が抜けてしまった部分に床を作り粘膜のみで維持するものです。残っている歯の本数や口の中の状態により様々な形状の義歯があります。

当院は保険治療に加え、自由診療の義歯にも対応しております。
患者さんによって、お悩みやご希望は様々です。義歯を検討されている方、現在お持ちの義歯に違和感を覚えている方はお気軽にご相談ください。 以下は義歯の種類のご紹介です。

レジン床(保険診療)

レジン床(保険診療)

歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険診療の入れ歯です。金属素材よりも多少厚みがあるので熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくくなります。
一般的にレジンは他の素材に比べると適合性がやや劣るといわれていますが、最近はデメリットを改善できるレジン床も出てきています。保険適応なので安価に治療ができ、多くの症例で使用できる点がメリットです。

金属床(自由診療)

金属床(自由診療)

レジンの義歯に比べて、素材が薄くて丈夫なため違和感が少なく、喋りやすいという特徴があります。
お口を広く感じさせ、熱が伝わりやすくお食事を楽しめるといったメリットがあります。

ノンクラスプデンチャー(自由診療)

ノンクラスプデンチャー(自由診療)

通常の義歯は動かないようにするために金属のバネが付いています。ノンクラスプデンチャーは金属の部分がプラスチックで出来ており歯茎の色調と同化しているため、一目では入れ歯をしているのか分からないほど、審美性に優れています。
またプラスチックで出来ているので柔軟性があり、装着した時の違和感が少ないのが特徴です。
※ノンクラスプデンチャーは「部分床義歯」のみとなります。

矯正歯科

矯正歯科

矯正とは一般的に歯並びを治す治療のことを言いますが、単に歯をきれいに並べるだけではなく、歯を中心としたお口の機能の回復をはかり、発音、噛み合わせ、全身の健康に影響を及ぼす治療です。

歯並びが悪いと以下のような症状の原因になります

  • 歯周病やむし歯になりやすい
  • 顎の成長や顔の形に影響し、不調和をもたらす
  • 良く噛めない為に、胃腸障害を起こすことがある
  • 正しい発音がしにくい
  • 口元が気になる

などの症状のほか、酷くなると首や手足、腰などの全身にまで痛みを伴うことがあります。
矯正治療は何歳からでも、また成人からでも始めることが可能です。

訪問歯科

通院が困難な方にも安心の訪問歯科

通院が困難な方にも安心の訪問歯科

みやさか歯科では、通院が難しい患者さんのご自宅等にお伺いして治療をする訪問歯科診療を行っております。病院で行う治療と同様に医療保険や介護保険を適用することが可能です。

訪問歯科をご希望の方はお気軽にご相談ください

ページの先頭へ